こんにちは、 ともやんです。   2022年タワーレコード クラシカル年間TOP40より、現役最高齢の指揮者ヘルベルト・ブロムシュテットのブラームス。   現役最高齢の巨匠がライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団と録音を進めてきたブラームスの交響曲プロジェクトの最終となる第3番と第4番。   ブロムシュテットの境地といえるブラームスは、楽譜を丁寧に読み込みその音楽に魂…

こんにちは、 ともやんです。   今年もあと1ヵ月足らず。 今年をふり返って名演の名盤を紹介していきます。   今年95歳になったブロムシュテット。 100歳まで頑張ってほしい!   2022年7月11日に95歳の誕生日を迎えるヘルベルト・ブロムシュテットが、1998年~2005年までカペルマイスターを、現在は名誉指揮者を務めているライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽…

こんにちは、 ともやんです。   モーツァルトの名曲で素敵な演奏の録音を見つけました。 演奏は、ヘルムート・ブラニー指揮 ドレスデン国立歌劇場室内管弦楽団。   スタイルは、小編成オーケストラの古楽器スタイルなので、若手の心身気鋭の指揮者かと思ったら、1957年生まれですから、僕と同い年で今年65歳。   以下、彼のプロフィールを、英語版ウィキペディアから取り出しまし…

朝比奈隆 ベートーヴェン 交響曲第9番

目安時間 7分

こんにちは、 ともやんです。   先日、ヤマカズさんこと指揮者山田一雄氏のエッセイ集『一音百態』を読みました。 この本は、ヤマカズさんが神奈川新聞の連載した84のエッセイを書籍したもので、山田一雄氏の死後、音楽之友社より出たものです。   その中で、ヤマカズさんが、インタビューで「今まで第九を何回演奏されましたか?」と聞かれて困った、と記されていました。 当然数えたことはないが…

こんにちは、 ともやんです。   誰かの寄稿で読んだことがあるが、スタニスラフ・スクロヴァチェフスキが、読売日本交響楽団の常任指揮者にで就任したことで、日本の音楽界に勇気を与えてくれたという内容の物だった。 スクロヴァチェフスキが、読売日響の第8代常任指揮者に就任したのは、2007年4月のこと。 すでに83歳の高齢だった。   しかし、その音楽に対する情熱は衰えることを知らず、…

1 2 3 17

ともやん

ともやん

小学生の時、NHK交響楽団を指揮する岩城宏之氏の指揮姿に魅了されてから、クラシック音楽に興味をもち、今日まで生きてきました。 現在、LP、CD、カセットテープも含めて約1000件以上を所有しています。 毎日数枚ずつ視聴しながらブログを運営しています。 好きな作曲家は、ベートーヴェン、ブルックナー、ブラームス、マーラーから武満徹、伊福部昭。 このブログでは、サブスクで楽しむことが出来るオーケストラ曲の名演、迷演、珍演をご案内して行きたいと思います。 お付き合いのほど、よろしくお願いします。 1957年富山市生まれ、横浜市在住。